岐阜県の愛人募集体験談

岐阜愛人

岐阜県で女子大に通うK子(仮名)と言います。

岐阜県のでの愛人関係事情が知りたいとアンケートを受けたので私の愛人体験談を分かりやすく紹介したいと思います。

私の場合は大学2年生~3年生の間一年間複数の男性と愛人関係を結んでいました。

理由はもちろんお金です。

大学一年生の時に一年間くらいアメリカに留学したいなっと強く思う事があったのですがいろいろ計算すると数百万円はかかると知り愕然としていました。

大学は私大なので親にこれ以上の負担はお願いできません。

とは言え人生一度きりなので諦めたくはなかったのです。

大学生が短期間で数百万円を稼ぐ方法は風俗しかないのですが、それはそれでどうだろうと思っていました。

そんな時知ったのがパパ活です。

お金持ちのパパを見つける事が出来れば結構な金額で愛人契約ができると噂のパパ活だったのです。

主な出会い方は出会い系サイト経由となっています。

私の場合は登録者数がとても多いPCMAXを選んでいます。

プロフィールに「アメリカ留学がしたいけど全く目途が立ちません、誰か助けて下さい」と書いていました。

今になって考えてみるとこの書き方が良かったのかと思います。

きっとお金持ちのおじさまは「若い子の夢に投資したい」なんて考えるんでしょう。実際に私の父くらいの男性から沢山の連絡がありました。

私自身が可愛いってのもあると思うのですが・・・

数人と連絡を取りその中でも一番お金を持っていそうな人と実際に会う事にしました。年齢は55歳と私からすればだいぶ・・・

ただし金持ち喧嘩せずと言いますか、とても紳士的な方でした。

なにより嬉しかったのが、この方10年以上もアメリカに住んでいたいた事があると言うことです。

もちろん英語はペラペラ

これってチャンス?

いくら紳士とは言えベットにまで持ち込む事が出来れば私の勝ちでしょう。

風俗で働く気は無いけど、比較的許容範囲が広い私にとってメリットだらけの紳士は寝るに値すると感じたのです。

紳士と言えど男は男

ちょっと誘えば簡単に誘いに乗ってくれました。

もちろんその日の内にホテルに入ってヤルことやってお金を貰いました。

貰った金額は○○!

私の一か月のバイト代を軽く超える金額です。

これはネット上で見かける太パパと言う奴ですね。

これはいろんな意味に逃したくない

「今日は楽しかったよ、また会えると嬉しいな」

なんて言いながら、次の約束を取り付けました。

この時点で都度の愛人契約みたいなものなのですが、会って4、5回目の時にパパの方から
「留学費が溜まる様に一か月50万円で契約しないかい」

と破格のお値段を提示してきました。

「えっそんなに!ダメだよ」

なんて言いつつ一か月50万円で契約することに

なんで50万円なのと聞くと、一年間で600万円になるようにしたかったようです。

アメリカ留学ってあまり安くすると治安の悪い地域を選ばないといけないから心配だと言っていました。

学費や宿泊費等を考えるとやはり一年で500万円は超えるようです。

それから一年間は月に4回程度会って食べたり、話したり、セックスしたりしていました。

毎月50万円貰っていたのですが、一応条件があって毎月通帳を見せると事でしたね。留学代として渡しているので確認だけはしたかったようです。

そこに関してはお小遣いを管理するパパって感じでした。

結局月40万円程貯金を続け一年で500万円貯金をして一年間の留学を果たす事ができました。学校からホームステイ先まですべて事前情報があったので困ることなく楽しめました。

私の場合はかなり運が良かった方だと思います。

ただ太パパ一人見つけるだけで運命が変わる事もあるので、チャレンジしてみてもいいと私は思っています。

パパ探しの基本は出会い系サイトになりますが、より確率を上げたい場合は登録者数が多い出会い系サイトを選ぶ事をお勧めします。

私が使ってた出会い系サイトの中で一番良かったのはPCMAXです。

累計登録者数は1600万人をこえており多分国内トップクラスだと思います。

パパ活専用のサイトでは無いのですが、信頼性が高いのでパパ活初心者に特にお勧めしています。

PCMAX
PCMAXで無料登録(R-18)