人妻が背徳感ある不倫にハマる理由とは

人妻が背徳感ある不倫にハマる理由とは

みなさんは「背徳感」という言葉をご存知でしょうか?

背徳感とは、モラルに反した行いをした時に発生する後ろめたい心理を指します。

実はこの背徳感は、男女の恋愛関係を盛り上げるためのエッセンスにもなるのです。

この記事では、背徳感の正体や恋愛に与える影響、そして不倫中の女性が感じていることなどについてまとめました。

不倫に対する男女間での考え方の違いも取り上げていますので、こちらもぜひご覧ください。

背徳感の正体

冒頭でも少し触れましたが、背徳感とは道徳的に問題のある行為をした時に生じる、後ろめたい感覚を言います。

例えば、誰かにウソをついた時などは、相手に対する申し訳なさが生まれるはずですが、その時に感じる後ろめたさが背徳感の正体です。

この背徳感はモラルに反する行為をした時に覚える感覚ですから、本来であればネガティブな捉え方しかできません。

しかし、男女関係に背徳感を絡めることで、二人の仲が急速に縮まることもあるのです。

この理屈は「ロミオとジュリエット効果」という心理現象で説明されています。

ロミオとジュリエット効果とは、男女間の恋愛において障害が大きければ大きいほど、二人の恋が激しく燃え上がる」という心理現象のことです。

つまり、不倫にともなって発生する背徳感という大きな障害が、二人の仲を発展させる格好のスパイスとなるのです。

男女の不倫の考え方、その違いは?

男女の不倫の考え方、その違いは?

背徳感が不倫関係を発展させる大きなスパイスであると説明しましたが、この感覚の覚え方は男女で大きく異なります。

すなわち、どこからが不倫なのか男女間で線引きが異なるのです。

この項では、男女の不倫の考え方についてそれぞれ解説しましょう。

女性は心の不倫は許さない

女性は肉体関係のみの不倫は許すことが多い反面、精神的な不倫に対しては強い嫌悪感を覚える傾向があります。

旦那や彼氏に対しても、性風俗店であれば利用を許可している女性は少なくありません。

肉体だけが目的であればいずれ自分の所に戻ってくるのが分かっているため、許そうという気になるのです。

男性には理解し難い心理かも知れませんが、この女性特有の考え方は彼女たちの本能に関係しています。

今から何十万年も昔、女性にとって出産は現代よりもはるかに大きなイベントでした。

医療技術が全く存在しない時代ですから、女性は文字どおり命がけで出産に挑む必要があったのです。

無事に子どもを産んだ後も危険だらけの環境に晒されるため、誰かに守ってもらわなくてはなりません。

身の安全を保障し、食料を運んで来てくれる人が必要不可欠なのです。

この時もし、男性の心が他の女性に奪われてしまったら、自分と子どもを保護してくれる存在がいなくなってしまいます。

弱りきった自分と赤子だけでは、獣のエサになるのは目に見えているでしょう。

そのため、女性は何がなんでも男性の心だけはつなぎとめる必要がありましたし、そういった働きかけに優れていた女性の遺伝子が優先的に次世代に受け継がれていったのです。

肉体関係だけの不倫には寛容な女性が多い一方で、心の浮気だけは決して許さないという女性がほとんどなのにはこういった理由があるのです。

男性は心・身体どちらの不倫も許さない

男性は心・身体どちらの不倫も許さない

男性の不倫に関する考え方は、女性とは全く異なります。

男性は心の不倫も身体のみの不倫も同列とみなし、一度でも裏切られたら一生信用することはありません。

こちらの理屈に対しても、男性特有の本能が関係しています。

今からはるか昔、科学が未発達だったころ、女性が身ごもっている子どもが本当に自分の子どもなのかを確認する方法はありませんでした。

今でこそ遺伝子検査で親を判定することが出来ますが、そういった技術が存在しない時代は妻の言うことを信じるしかありません。

もし、自分の遺伝子を確実に次世代に残そうと思ったら、妻が不倫をしないよう見張るなり自由を奪うなりする必要がありました。

このように、独占欲の強い男性の持つ遺伝子が優先的に受け継がれた結果、男性の考え方は心と身体どちらの不倫も許さないという風に変化していったのです。

ちなみに多くの男性は処女を好みますが、これは処女に妊娠させれば100%自分の子どもだと確定するためです。

「処女信仰」という言葉もありますが、こちらに関しても男性の遺伝子に刻まれた本能なのです。

背徳感たっぷりの不倫にハマるワケ

上でも書きましたが、背徳感は男女の仲を盛り上げるスパイスになり得ます。

パートナーや子どもに対する裏切りは、本来であれば非常に大きな心理的障害のはずですが、ロミオとジュリエット効果により二人の恋は激しく燃え上がるのです。

しかし、背徳感をともなう不倫に人が溺れていくのには、実はまだ理由があります。

ここでは、背徳感をともなう不倫にハマる理由について、女性を例にとり掘り下げて解説しましょう。

女性は背徳感の裏で優越感も感じている

女性は背徳感の裏で優越感も感じている

言うまでもありませんが、不倫は一種の略奪愛です。

一時的にせよ、相手のパートナーから大切な人を奪い去る行為です。

先ほども述べたとおり、女性は男性の心の浮気には強い拒否感を持つ生き物ですから、相手の妻や彼女からすれば看過できない事態でしょう。

不倫がバレてしまえば、相手方のパートナーは嫉妬に狂うはず。

しかし、奪う側の女性にとっては、相手の嫉妬心がこの上ない甘い蜜になります。

そしてなにより、男性に自分が選ばれたという優越感に存分に浸ることができます。

不倫には大きな背徳感が付きものですが、それと同時に意中の男性を独占することによる優越感も得られるのです。

遊びなれた男性は女性の承認欲求もくすぐる

「キミが運命の相手だよ」

「妻と別れてキミと一緒になりたい」

好きな男性からこんな風に迫られて、心がときめかない女性はいないでしょう。

まして、夫婦関係がマンネリ化している人妻ならなおさらです。

退屈だったはずの日常に、自分を一人の女性として受け入れてくれる男性、すなわち承認欲求を満たしてくれる男性が現われたのなら、気持ちが揺らぐのは当たり前です。

妻よりもあなたを選ぶと、自分との将来を考えてくれる男性も非常に魅力的に映るはず。

人妻と遊びなれている男性はこういった言葉を巧みに操り、人妻の承認欲求や先ほど話した優越感を上手にくすぐります。

まるで恋愛ドラマのヒロインであるかのように錯覚させ、意中の女性と関係を築いていくのです。

また、遊びなれている男性は不倫の関係を解消するタイミングも心得ています。

女性に好意が無くなった時や、相手の家族にバレそうな時は、これ以上キミが傷つくのを見ていられないなどと言い、相手の承認欲求を満たしてあげつつ自然と別れ話にもっていきます。

相手を気づかう心遣いを見せることにより、あと腐れなく縁を切ることができるのです。

人妻は出会い系サイトで不倫をしている

旦那との不仲やセックスレスで不倫に走る人妻の多くが利用しているのが、「出会い系サイト」です。

出会い系サイトとは、その名のとおり男女の出会いの場をネット上で提供してくれるサービスです。

人妻が現実世界で男性との出会いを得ようとした場合、家族以外にも職場の同僚や知り合い、そして友人などにバレてしまうリスクが常に付きまとうでしょう。

その点、出会い系サイトであればネットで完結するため秘密が漏れてしまう可能性が低くなります。

また、スマホやパソコンがあれば、いつでもどこでも手軽に始められる」利便性もあります。

男性とマッチングした後はメッセージや画像を交換できますが、家族に隠れてやり取りをするため背徳感が高まり、二人の仲が急速に深まるという期待感もあるはずです。

このように、人妻の間で出会い系サイトが人気の理由には、男性との関係がバレにくいことや手軽に始められること、そして背徳感が後押しして不倫相手との恋が燃え上がりやすいことなどがあります。

不倫では背徳感と優越感を刺激しよう

不倫では背徳感と優越感を刺激しよう

背徳感とは、モラルに反した行動を取った時に感じる後ろめたい感覚を言います。

この感覚は本来ネガティブなものですが不倫中の男女の場合、こういった障害を乗り越えようとする心理的な作用が働き、二人の関係性は急速に発展していきます。

女性に近づく場合、背徳感を刺激して恋路を盛り上げるとともに、優越感も刺激してあげましょう。

なぜなら、女性は精神的な不倫は許さない傾向がありますが、それを逆手にとって「妻よりもキミを選んだよ」というメッセージを示せば承認欲求が満たされ、より男性に魅力を感じるようになるからです。

人妻と遊びなれている男性ほど、背徳感と優越感を上手に刺激してより多くの女性と関係を持てるのです。

もし人妻と出会いたいのであれば、上でも書いた出会い系サイトがよいでしょう。

素敵な女性とマッチングして、背徳感あふれる刺激的な不倫を楽しんでください。